大腸がんの生存率は、がんの進行状況によって異なります。 大腸がんの進行状況は、大きく4つに分類されます。 ・デュークスA(がんが大腸壁内にとどまっている状態) ・デュークスB(がんが腸壁を貫いているが、リンパ節転移はない状態) ・デュークスC(リンパ節転移のある状態) ・デュークスD(肝、肺などに遠隔転移している状態) このように、大腸がん(盲腸、結腸、直腸、または、肛門管に発生する癌の総称です)の進行状況は、4つに分けられるのです。 デュークスAの場合、5年生存率は約95パーセントだといわれていますから、亡くなる確率の方が低いかも知れませんね。 デュークスBの場合でも、5年生存率は約80パーセントです。 デュークスCともなると、5年生存率は約70パーセントだといわれ、デュークスDになってしまった場合、5年生存率は約20〜25パーセントになってしまいます。 当然ながら、大腸がんの進行が進めば進むほど、生存率が低くなってしまうのです。 ただ、大腸がんは早期発見できれば、命が助かる可能性が非常に高い病気だといわれています。 定期的に健康診断を受けるなどして、早めに大腸がんを見つけることが、自らの命を守るためにも重要なのですー